技術紹介

新技術への取り組み

革新的なオンリーワン技術を追求し、
新素材・新用途研究を加速しています。

時代の先端をゆく独創的なオンリーワン技術を求め、新しい素材や複合素材の研究を加 速しています。
新素材に最適化された成形法の開発にも取り組み、新たな用途の開拓によりプラスチック製品の適用領域を拡大しています。

1未知の可能性を持つ複合素材を研究

パソコン筐体部品
パソコン筐体部品

CFRP加工技術

車両用金属部品に代替できる強度と軽量性を併せ持つ複合素材として、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)やGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)に着目し、産官学が連携した応用研究の場に参画して、実用化に取り組んでいます。

2世界初「TS高速スタンピング成形システム」の開発

四輪用構造部品
四輪用構造部品

高度複合材加工技術(TS高速スタンピング成形システム)

複合素材製品の量産化に向けて、素材の投入から加熱、プレス、搬出までを自動化し、連続生産を実現する「TS 高速スタンピング成形システム」の開発に成功しています。

3日本初 MCF成形(超微細発泡成形)の実用化

オイルスペーサー
オイルスペーサー

MCF成形(超微細発砲成形)

シリンダー内の樹脂に超臨界気体(N2、CO2)を混入し、内部に微細な気泡を生成して製品強度を保持したまま約20%の軽量化を実現するMCF成形法。日本で初めて当社が導入・確立した新技術は、軽量・超薄肉・低ソリ成形品の量産化に貢献しています。

4バリなし加工、破断面のない加工技術開発

金属プレス技術

四輪用消音・遮熱部品
四輪用消音・遮熱部品

5次世代自動車向けパワートレイン部品の開発

インサート成形(ハイブリッド成形)技術

 四輪用モーター部品
四輪用モーター部品

採用情報

企業理念を共に実現していくために、
新たな人材を求めています。

IR・投資家情報

経営戦略、決算情報、財務データなど、
詳しい情報をご確認頂けます。

技術紹介に関するお問い合わせ

技術紹介に関するお問い合わせは、下記の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。