技術紹介

成形の強み

プラスチックの可能性を拓く多彩な成形加工技術を確立

タカギセイコーは、プラスチック製品の高精度化・高機能化要求に応え、中長期的視 点から新しい加工技術の開発や実用化に取り組んでいます。
他社の追随を許さない成形法のバリエーションは、製品の市場競争力を高め、プラスチックの新たな可能性を拓くリソースとして機能します。

1射出成形

バンパー
バンパー
携帯電話部品
携帯電話部品
MCF成形(超微細発砲成形)
MCF成形(超微細発砲成形)

大型から精密な小型・超薄肉製品まで、高速で量産

樹脂を加熱・溶融して金型内に高圧で射出注入し、金型内で冷却・固化して成形する加工法です。デザインの自由度が高く、複雑な形状の成形品も精密に成形でき、しかも高速量産が可能なため、車両のバンパーのような大型製品からスマートフォン筐体のような小型精密製品まで幅広く活用されています。

2DCPD-RIM

エアデフ・ハイルーフ
エアデフ・ハイルーフ

デザイン性や強靭性を求められる乗用車や住宅など超大型製品

1989年に、トラックのエアデフ・ハイルーフなどの超大型製品を成形できる日本初のDCPD-RIM法を開発しています。この成形法は、2種類の液体を混合して金型内に注入し、化学反応を利用して成形する加工法です。サーマルリサイクルに対応するDCPD(ジシクロペンタジエン)を活用し、複雑なフォルムの厚肉大型品の軽量化を実現する成形法は、多品種少量生産を支えます。

3回転成形

尿素水タンク
尿素水タンク

複雑なフォルムの部品を一体成形し、剛性、機密性が高い

中空状の金型に粉末樹脂を投入し、金型を回転させながら加熱・冷却する加工法で、複雑なフォルムの成形に最適です。耐衝撃性、機密性、均一性に優れた技術を確立する当社は、2012年からディーゼルエンジン車用尿素水タンクの生産を開始しているほか、 様々なタンクの生産に対応しています。

4押出成形

パイプなど断面が同一形状の製品に適す

OA部品
OA部品

5ブロー成形

機能性と高外観性を追求する異形ブロー製品

タンク部品
タンク部品

採用情報

企業理念を共に実現していくために、
新たな人材を求めています。

IR・投資家情報

経営戦略、決算情報、財務データなど、
詳しい情報をご確認頂けます。

技術紹介に関するお問い合わせ

技術紹介に関するお問い合わせは、下記の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。